声優になりたいなら養成所に通って知識を身に付けよう

教材

絶対的な結論はないが

マイク

それぞれの特徴を検討する

自分の将来就きたい職業を考えたとき、声優になりたいと考える方も近頃では増えています。そしてそのために目指すべき志望進路は、大きく分けると養成所と専門学校の二つの存在があります。それぞれの特徴がある両者のどちらを選択するのがよいのでしょうか。まず養成所というところは声優を抱えている事務所や劇団などが運営しています。基本的に将来自分達の事務所で活躍してくれる人材を育成するためのものです。一般的にいって入所するには技能の審査が必要で、広く入学希望者の受け入れてくれて基礎から学べる専門学校とは、入りやすさの点で違いが出ます。さらに養成所は授業やレッスンなどの時間が、みっちりカリキュラムが組まれている専門学校に比べると余裕があるので、アルバイトなど自分の時間は取りやすいといえるでしょう。また費用の面でもレッスン量の違いから、養成所の方が少なくて済むという大きなポイントあります。これらの事情を勘案してみると声優になるためには、入りやすさという点以外、養成所選んだ方が良さそうに見えます。声優事務所が運営しているので人脈作りに於ける有利さや、プロの職場に近いという特徴もあります。しかし当たり前の話ですが、こと芸能に関してはこうすれば良いという絶対の選択肢はありません。養成所に通えば声優になれるという保証もないですし、専門学校では駄目ということも全くありません。お互いの特徴をよく検討して、結論を出した方がいいでしょう。

音楽好きの集まる学び舎

音楽専門学校に通う事で、音楽のプロとして必要なスキルを着実に伸ばしていく事が可能です。第一線で活躍されているプロの方と交流を持つ事ができるので、自然と仕事をえるチャンスも増えるでしょう。また、入試を必要としない学校が多いので、初心者にとっても敷居が低く入学しやすいのも特徴的です。

自分のなりたい職業への道

アニメ業界に就職したいと考えている方の多くは、専門学校に通っています。専門学校に通う前に、その学校のカリキュラムはもちろんアニメ業界のどのような職種に就きたいかを決めておくことが大切です。また、学費や通うための手段などを決めておくことも知っておくと良いです。

声の学校知ろう

一口に声優の専門学校といっても、運営によってさまざまなコースに分かれています。例えば社会人向けに夜間のコースもあれば、通う日程でコースを分けている学校もなくもありません。またナレーションや洋画の吹き替えとコース別で勉強できる学校や制作する側とコース別に分かれて勉強できる学校もあります。